乃木坂46⊿の情報をお届けします!乃木坂の最新情報はもちろん、メンバーの基本情報、ライブ情報、握手会情報など乃木坂の情報なら何でもお届けいたします!

乃木坂46ライブ

  • HOME »
  • 乃木坂46ライブ

乃木坂46といえば、やっぱりライブ!

テレビで見る乃木坂メンバーもいいですが、ライブの乃木坂メンバーもまた違っていい!

しかし、乃木坂初心者やアイドル初心者からすると意外とライブが難しいと感じることも、、、

私も初めて参加するときは、複雑でどうすればいいのかわかりませんでした泣

Aさん
乃木坂のライブってどうやったら行けるの?
Bさん
乃木坂ライブのチケットの取り方がわからない、、、
Cさん
乃木坂46曲のコールを覚えたいけどどうすればいいの?
Dさん
乃木坂メンバーのサイリウムの色とかどうすればいいの?

 

などなど。

そんな疑問に答えていきますので、是非ご覧ください!

 

 

1.乃木坂46ライブの種類

乃木坂46ライブは、大きく分けて5種類に分けることができます。

その5種類のライブについて開催順で紹介していきます。

 

①バースデーライブ(バスラ)

乃木坂46バースデーライブ

出典:Real Sound

 

まず年明けに乃木坂46結成を祝ったライブが開催されます。

乃木坂46がデビューした日は2012年2月22日ですので、毎年2月22日付近でバースデーライブが行われます。略して、バスラです。

そしてバースデーライブの最大の特徴は、「乃木坂46全曲を披露!」することです。

つまり、2012年のデビュー曲のぐるぐるカーテンはもちろん、それ以降にリリースされた曲は全てライブで披露するというものです。数百曲もあるため、3日で全て使用して披露します。

しかし、近年は時間の都合や会場の都合で全曲披露することはなくなってきています泣

 

バースデーライブ情報

ライブ特徴:
乃木坂46全曲披露!(最近は全曲披露しないことがあるので注意です。)

ライブ開催時期:
乃木坂46デビュー日の2月22日

参加メンバー:
全メンバー

ライブ会場:
幕張メッセ、横浜アリーナ、西武ドーム、神宮球場、埼玉スーパアリーナ

ライブ金額:
~9,800円

 

②真夏の全国ツアー(全ツ)

乃木坂46真夏の全国ツアー

出典:乃木坂46公式ツイッター

 

毎年夏から秋ににかけて開催されるのが、「真夏の全国ツアー(略称:全ツ)」です。神宮球場からスタートし、大阪、仙台、新潟、福岡、名古屋、広島などの地方各地で開催されます。

最大の特徴が、ライブの場所でライブ内容が変わる点です!

2017年のライブでは、神宮は「期別のパフォーマンス」でしたが、地方では「通常+あさひなぐ仕様」とライブの内容が異なります。2018年では、「ジコチュープロデュース」が行われ、一回も同じライブはありませんでした。

このようにライブ内容が変わること、地方都市で開催されることが大きな特徴です!

 

真夏の全国ツアー情報

ライブ特徴:
神宮(東京)&地方都市で開催!
ライブ内容が毎回異なることが多い!

ライブ開催時期:
7月〜9月

参加メンバー:
全メンバー

ライブ会場:
東京、大阪、仙台、新潟、福岡、愛知(名古屋)、広島
※2018年には東京ドームで開催されました!

ライブ金額:
~7,800円

 

③クリスマスライブ(クリライ)

乃木坂46クリスマスライブ

出典:エンタメRBB

 

非リア充オタクにとって悲しいのが、「クリスマス」ですよね、、、

そんな寂しさを埋めてくれる神イベントがあります。そう!乃木坂46の「クリスマスライブ(略称:クリライ)」です!!!

名前の通り、クリスマスライブの最大の特徴は、「ライブがクリスマス仕様になる!」ことです。

具体的には、クリスマス定番曲を歌ったり、クリスマス仕様のコスプレをメンバーが着たりします。

 

クリスマスライブ情報

ライブ特徴:
クリスマス定番曲の披露!クリスマスコスプレ披露!

ライブ開催時期:
12月

参加メンバー:
全メンバー

ライブ会場:
東京(有明コロシアム、武道館)

ライブ金額:
~7,800円

 

④アンダーライブ(アンダラ)

乃木坂46アンダーライブ

 

アンダーメンバーだけが参加するライブが、アンダーライブ(略称:アンダラ)です。

名前の通り、アンダーメンバーのみで構成されているのが最大の特徴です。

また、会場セットにこだわることが少なく、アンダーメンバーのパフォーマンスを楽しむことができます。個人的な感覚ですが、ザ・ライブ!という感じがします。

そして、注意してほしいのが、選抜落ちメンバーだからあんまり人気のないライブじゃないの?と勘違いする人が多いことです。最近乃木坂46の人気は凄まじく、アンダーライブでもチケットが取りにくい状況ですので、ご注意ください。

 

アンダーライブ情報

ライブ特徴:
アンダーメンバーのみライブ、パフォマンス重視のライブ

ライブ開催時期:
12月

参加メンバー:
アンダーメンバー

ライブ会場:
全国開催(毎年開催場所が変わりますので、詳細は公式ページでご確認ください)

ライブ金額:
~6,000円

 

⑤全国握手会ミニライブ

上の4つと違い規模が小さいですが、全国握手会が開催されるミニライブがあります。

握手会についてはこちらのページをご覧ください

4タイプの初回限定盤シングルに付属している「全国握手券」を使って参加できるミニライブです。

最大の特徴は、収録曲のみの披露であることです。

時間もミニライブということだけあって、1時間程度で終わります。

 

全国握手会ライブ情報

ライブ特徴:
最新シングル収録曲のみのライブ、短時間ライブ、全国握手券さえあれば誰でも参加できる

ライブ開催時期:
最新シングル発売後

参加メンバー:
全メンバー

ライブ会場:
全国開催(全国握手会の開催場所は毎回変わりますので、詳細は公式ページでご確認ください)

ライブ金額:
1,800円(CD代)

 

他にも不定期で、海外ライブなどが開催されます。ライブ情報は、基本的に公式サイトで公表されます。

他にも乃木坂工事中の番組終了後やラジオで告知されますので、是非チェックを怠らないようお願いいたします!

 

スポンサードリンク


2.乃木坂46ライブチケットの取り方

乃木坂46のライブチケットの取り方は、大きく分けて6つの取り方があります。

ここでは簡単に紹介します。

さらに詳しく知りたい方は、「乃木坂46ライブチケットの取り方」をご覧ください!

①モバイル先行チケット

モバイル先行チケットが最もライブチケット獲得確率が高いです。このチケットを取るためには、乃木坂Mobile(月額324円)に登録する必要があります。

最近は人気がありすぎて、モバイル先行チケットでも当たらないことが多々あります。

 

②マネパ先行チケット

こちらもモバイル先行チケットと同様のライブチケット獲得確率が最も高いです。このチケットを取るためには、2つ登録が必要となります。

乃木坂Mobile(月額324円)への登録

②マネパカードの申し込み(無料)

 

③楽天先行チケット

モバイル・マネパ先行のチケット結果がわかり次第、すぐに楽天先行受付が始まります。このチケットは、楽天市場会員(無料)であれば、モバイル会員でなくても申し込むことができます

しかし、チケットが取れる確率は非常に低いです。

 

④楽天一般販売チケット

このチケットは誰でも買えます。上記3つのチケットと違い、早い者勝ちのチケットとなります。基本的に土日の朝10時から販売開始になることが多く、10時になった瞬間、アクセスが集中しサーバーがダウンします。

タイミングよくアクセスできた人のみが購入することができます。

 

⑤楽天一般販売チケット(ステージバック席・見切れ席

このチケットは誰でも買えます。このチケットは、通常の席ではなくステージバック席・見切れ席のみとなっているので注意してください。

簡単に言えば、チケット代は安いが、ライブが見えづらい(もしくは見えない)チケットとなります。

 

⑥最後の希望「TICKET EXCHANGE」

これが最後の希望です。

最近始まった制度なのですが、チケットを購入したが都合で行けなくなった人がチケットを返品し、その返品したチケットをライブ参加希望者が購入するという制度です。

これは毎回開催されるかは不明ですので、乃木坂公式ページを常にチェックしておいてください。

 

さらに詳しく知りたい方は、「乃木坂46ライブチケットの取り方」をご覧ください!

 

スポンサードリンク

3.乃木坂46ライブの持ち物・服装

ライブ初心者にとって悩むのが持ち物と服装ですよね。乃木坂46ライブで必要なものを簡単にまとめてみました!

これがないとライブに参加できない!:
・ライブチケット
・身分証明書(運転免許証が無難、学生証&保険証でも可能)

絶対必要な持ち物!:
・電池式サイリウム(液体式サイリウムは使用不可能)
・ライブTシャツ or 推しメンTシャツ
・推しメンタオル(裸足でSummerでは必須ですよ!)

乃木坂ガチオタクなら!:
・推しメンバッチ
・推しメンサイリウムホルダー
・推しメンサイリウム
・推しメンうちわ

あると便利な持ち物!:
・ティッシュ
・飲み物
・軽食
・双眼鏡(席が悪い時に使う)
・カッパ(屋外のライブ会場の時)

 

乃木坂46ライブ持ち物について詳しく知りたい方は、こちら!

 

スポンサードリンク

4.乃木坂46ライブ物販

乃木坂46ライブといえば、物販!しかし、ライブ初心者には何のことかわかりませんよね。

実際に、

Aさん
推しメンタオルって、どうやって手に入れるの?
Bさん
そもそも物販って何?
Cさん
物販の開催日時は?
Dさん
ライブグッズって並ばないと買えないの?

 

などなど物販に関する悩みを持つ人が多いです。そんな疑問を解消していきたいと思います!

まず、乃木坂46の物販とは、「ライブグッズ販売」のことです。先ほどの「乃木坂46ライブの持ち物・服装」では、ライブTシャツ、推しメンタオル、推しメンTシャツが必須だと書きましたが、それらを買うのが物販です。

そして、物販は大きく分けて「ライブ会場現地物販」と「オンライン先行予約物販」の2種類存在します。

①ライブ会場現地物販

物販場所:
ライブ会場現地

物販日時:

ライブ数日前〜ライブ当日

待ち時間:

数時間(2018年のな松の全国ツアーは3時間並びました)

メリット:

1.生写真の購入はライブ現地物販のみ
2.キャンペーンに参加できる(3,000円以上でスクラッチカードが当たるキャンペーンなど)
3.ライブ会場現地物販限定のグッズが買える
4.長時間並ぶことでライブに来た感じがする(個人的な意見です笑)

デメリット:

1.とにかく長時間並ぶ(ライブ前日でも時間帯によっては並びます)
2.天気次第で地獄の待ち時間となる
3.グッズが売り切れる可能性がある

その他:

1.熱中症など体調管理には気をつけてください!
2.代行サービスをやっている人もいるらしいので、twitterで探してみるといいかも?
3.ライブ直前は空いていることが多いので、グッズだけ買いに来た人はその時間帯を狙うといいかも!
4.現金での支払いのみ(クレジットカードは使用できません)

 

②オンライン先行予約物販

物販場所:
インターネット(乃木坂OFFICIAL WEB SHOP

物販日時:

ライブの数ヶ月前程度

待ち時間:

すぐに買えます!(ライブ約1ヶ月前に届きます)

メリット:

1.並ばずに買える!
2.売り切れの心配がない!

デメリット:

1.生写真の販売はない
2.キャンペーンに参加できない(3,000円以上でスクラッチカードが当たるキャンペーンなど)
3.ライブ会場現地物販限定のグッズが買えない
(4.長時間並べないのでライブ来た感が感じられない笑)
4.ライブ当落前に予約販売をやる場合もあり、ライブには行けないがグッズは届くという場合もあります

その他:

1.クレジットの支払いが可能です

 

個人的にオススメする物販攻略法を教えたいと思います。

オススメ物販攻略法!

1.オンライン先行予約販売で最低限のライブグッズを買う
私は、オンライン先行予約販売で「推しメンタオル」「ライブTシャツ」の2つは最低限購入しておきます。

この2つはライブ必須アイテムなので、確実に買えるオンライン先行予約販売を利用しています。

2.ライブ会場現地物販で+αのグッズを買う
「ライブといえば、現地の物販!」という考えの私は、現地でもグッズを買います。

「現地限定グッズ」「生写真」「最近気に入っているメンバーのタオル」を買うことが多いです!

 

是非みなさんも物販を攻略してみてください!

 

スポンサードリンク

5.乃木坂46サイリウム(ペンライト)

 

乃木坂46サイリウム

乃木坂46に限らずアイドルライブに必要なのが、「サイリウム(ペンライト)」です!

サイリウムがあるのとないのではライブの楽しさが全然違いますので、ライブ初心者は是非チェックしてください。

乃木坂46ライブでのサイリウムについて押さえておきたいポイントが3つありますのでチェックしてみてください!

 

①サイリウムの種類

サイリウムにはまず大きく分けて、「電池式サイリウム」と「液体式サイリウム」に分けることができます。

しかし、乃木坂46のライブでは「液体サイリウム」の使用は許可されていませんので、絶対に「電池式サイリウム」を購入してください。

そして電池式サイリウムを選ぶ際のポイントとして2つあります。

1.カラーチェンジができるか?

まず、サイリウムは一色しか出ない単色タイプなのかそれとも色を変えられるカラーチェンジタイプなのかを必ずチェックしてください。

乃木坂のライブでは、曲によって色を変えたりするのでカラーチェンジタイプがおすすめです。

2.「シャイニング」と「スモーク」

サイリウムには、光り方が異なる「シャイニング」と「スモーク」が存在します。

「シャイニング」はキラキラと光るタイプで、「スモーク」はじんわりと光るタイプです。

乃木坂46のライブでは、「シャイニング」の方が多い印象です。

 

②どのサイリウムを買うべきか?

ライブ初心者は、サイリウムは何を買えばいいのか?と悩む人が多いです。ズバリおすすめは以下の3つです。

また、Amazonか楽天だと安く買えるのでおすすめです(店舗だと定価で販売しているため高い)。

キングブレードⅡ

私が使用しているのは、このキングブレードⅡです。基本的な機能が付いていて、比較的安く買えるのでキングブレードⅡを購入しました。

特徴:カラーパターンを作れる
カラーチェンジ:可能
値段:3,456円(Amazon・楽天だと2,000円代で購入できます)

 

 

 

キングブレードⅢ

キングブレードⅢは、キングブレードⅡの新モデルです。そのため、昨日も豊富になっています。また価格もキングブレードⅡよりも高いです。

特徴:カラータイプを作れる、色を自分で作れる、アプリと連動させることができる
カラーチェンジ:可能
値段:3,780円(Amazon・楽天だと2,000円代で購入できます)

 

 

乃木坂公式サイリウム

乃木坂46が公式に販売しているサイリウムです。値段は少々高いですが、乃木坂ファンとしては欲しいサイリウムです!

特徴:乃木坂の文字が入っている、オタクに近づいた気分になれる笑
値段:3,000円程度
販売期間:ライブ期間(物販販売)、WEB SHOPでの予約販売期間
購入方法:ライブ会場現地物販 or 乃木坂 OFFICIAL WEB SHOP

 

サイリウムは是非Amazonか楽天で購入してください!

③サイリウムカラー

以下の画像に乃木坂メンバーのサイリウムカラーと曲別のサイリウムカラーを載せておきますので、サイリウムの色を確認しておいてください!

サイリウムの色を覚えておかないとライブ本番で焦るので、少なくとも推しメンの色だけは覚えましょう!

 

乃木坂サイリウム色一覧

出典:http://f-makuramoto.com/46-nogi/keikou.html

 

6.乃木坂46曲のコール

乃木坂46のライブに限らずライブで重要なのが、「コール」ですよね。ライブを楽しむにはコールを覚えることは必須です。

しかし、全て覚えるのは乃木坂46初心者には厳しいです。なので個人的覚えて欲しいコール曲を3つ紹介します!

①ガールズルール

会場全員が「まいやん!」と叫ぶ瞬間は鳥肌もんです!

②裸足でSummer

やっぱり盛り上がる曲といえば「裸足でSummer」ですよね。ライブでも裸足でSummerはめちゃくちゃ盛り上がるので、ぜひコールを覚えてください!

以下の動画では、齋藤飛鳥さんが直接コール指導してくれます!

③ハウス!

私はいつもこの「ハウス!」で叫びまくって喉を壊します笑

 

具体的なコールは以下のページにまとめていますので、是非ご覧ください!

乃木坂コールまとめ(作成中)

 

7.乃木坂46ライブ開始前の注意点

乃木坂ライブ開始前の注意事項をまとめておきますので、ライブ開始前に確認してください!

①荷物が多い場合は駅のコインロッカーを使用する

遠征する際に気になるのが荷物ですよね。ライブ会場にはコインロッカーがない場合が多いので、宿泊先のホテルや駅のコインロッカーを使用してください。

また、ライブ会場最寄駅のコインロッカーは満杯になることが多いので注意してください。

②トイレは早めに済ませる&できるなら会場外で済ませる

ライブ中にトイレに行くのは本当にもったいないです。なので早めにトイレは済ませておきましょう。

また、ライブ会場のトイレは非常に混むので、できれば会場外のトイレを使用することをおすすめします。

③サイリウムの電池をチェックする

ライブ中のサイリウムの電池切れほど萎えるものはありません(経験済み)。

なので電池が入っているかどうかを確認してください!

④推しメンのサイリウムカラーを確認する

サイリウムの電池があっても推しメンのサイリウムカラーを知らなければ意味がありません!

もう一度、推しメンのサイリウムカラーを確認してください!

乃木坂サイリウム色一覧
出典:http://f-makuramoto.com/46-nogi/keikou.html

⑤ライブTシャツ&推しメンタオルの準備

最後にライブTシャツを着て、推しメンタオルを首にかけてください。

あとは影アナが始まるのをじっと待ってください。あとは楽しむだけです!

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク




乃木坂46⊿最新情報まとめ

乃木ふぁみ⊿Twitter

ブログ統計情報

  • 315,221 アクセス
PAGETOP
Copyright © 乃木ふぁみ⊿ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.